DEN Gai in Chinese reading as TIAN Kai.
solo exhibition
2021 
Duration of Indifference, Totem Pole Photo Gallery, Tokyo
Duration of Indifference, Fugensha, Tokyo
Temperate Landscape, Gallery 176, Osaka
Empty Body, Break Away,
Totem Pole Photo Gallery, Tokyo
2020
Dwelling Unit, Totem Pole Photo Gallery, Tokyo
Generate, Totem Pole Photo Gallery, Tokyo
2019
Living, Being There,  Guardian Garden, Tokyo
Good as I Been to You Pt.1, Totem Pole Photo Gallery, Tokyo
2015
Colony Island, Wandering Photography Space, Taipei
 
凱 CV
1984年中国生まれ、現在東京都在住。
 
教育・経歴
2002-2006年 機械工学・機械設計製造及び自動化コース卒業
2006-2011年 来日して機械エンジニアの仕事を務める
2012-2014年 日本写真芸術専門学校・フォトクリティックゼミ卒業
2014年に清里フォトアートミュージアムが主催するヤングポートフォリオにてピックアップされ、作品収蔵。以降、作品制作に取り組みながら、撮影の仕事と、写真及びデザイン関係の翻訳通訳も行う。日本写真芸術専門学校で非常勤講師、武蔵野美術大学インテリアデザインコース特別講師も務める。2021年、北海道東川町が主催する東川賞にて、海外作家賞作家関連の仕事を携わる。最近では、国内外作家80人で行われる絨毯デザイン展で、作家兼コーディネーターで参加、本展は2022年に上海で開幕。
 
個展
2015年
「Colony Island」Wandering Photography Space、台北市
2019年
「程良い風景」目黒区美術館、東京都
「Good as I Been to You」Totem Pole Photo Gallery、東京都
「生きてそこにいて」ガーディアンガーデン、東京都
2020年
「Generate: Object」Totem Pole Photo Gallery、東京都
「Dwelling Unit」Totem Pole Photo Gallery、東京都
「Generate: Object」目黒区美術館、東京都
2021年
「虚な身体、離脱」Totem Pole Photo Gallery・東京
「程良い風景」176ギャラリー・大阪
「取るに足らないくもの力学」ふげん社・東京
「取るに足らないくもの力学」Totem Pole Photo Gallery・東京
 
グループ展
2015年
「2014 年度ヤングポートフォリオ」清里フォトアートミュージアム、山梨県
2016年
「Life Goes By」、台北芸術博覧会、台北市
「溯洄従野」、集美・アルル写真フェスティバル、中国厦門市
2017年 
ガーディアンガーデン主催、第 17 回写真「1_WALL」展、東京都
2018年 
ガーディアンガーデン主催、第 19 回写真「1_WALL」展、東京都
2019年
「字有格局」FounderType ポスター招待展および東京 TDC セレクト展、北京市
2020年 
JR100、Jan Rajlich Sr. 100th anniversary Poster Project、チェコ
ポスターデザイン展・防疫計画、上海当代芸術博物館、上海市
「コロナの春」、ふげん社、東京都
2022年 
80×80 絨毯デザイン展、タンク上海、上海市
 
受賞・収蔵
2014 年 清里フォトアートミュージアム作品収蔵
2017年 第 17 回写真 1_WALL ファイナリスト
2018年 第 19 回写真 1_WALL グランプリ
2020年 世界ポスタートリエンナーレトヤマ入賞